住宅ローンの不安解消!金利の種類は?

大まかには二種類ある住宅ローンの金利

住宅ローンの商品は金融機関がそれぞれの考え方に従って提供しているため、商品内容には個々に違いがあります。金利の種類も金融機関や商品によって異なり、大まかには固定金利と変動金利の二つに分けることが可能です。固定金利は住宅ローンを組む時点で金利が決定され、返済が終わるまでの間はずっと同じ金利で維持されるようになっています。それに対して変動金利は定期的に世の中の経済の変化に基いて金利の見直しが行われるのが特徴です。そのため、これから当面は金利が低下していくような社会経済情勢がある場合には変動金利の方が返済額が少なくて済みますが、金利が安定しないために返済の計画が立てにくいというデメリットもあります。

多様化する金利の種類

住宅ローンの金利は大まかには固定金利と変動金利の二種類に分類できますが、その中間的な位置付けの金利の商品も多くなってきています。返済を始めてから一定期間は固定金利になっていて、残りの期間については変動金利にするというものが典型的です。あるいは基本的には変動金利であるものの、上限や下限が定められていて大幅な金利変動のリスクを負わずに済むようになっている商品もあります。単純に固定金利か変動金利かだけでなく、組み合わせたパターンの商品も比較して無理のない返済計画が立てられるようにしつつ、返済額を最小限に抑えられるように考えるのが大切です。今後も金利の種類は増えていく可能性があるので新商品には注意しましょう。