住宅ローンは無理なく組みたい!選び方は?

固定金利にするか?変動金利にするか?

住宅ローンは「固定金利」「変動金利」のどちらかのプランを選択するところからスタートします。金利が、どのように動いていくかは専門家でも予想が難しいものですから、担当者や自分でよく検討して選ぶことになります。しかし、返済計画が家計に影響することは当然のことなので、返済できる額を算出し無理のない住宅ローンを組むことが大事になります。 銀行によって利率や組み方が異なりますが、固定金利より変動金利の方が利率が低いことが一般的です。そこで、変動金利を選択し様子を見ながら固定金利へ乗り換えることを検討する方がいますが、金利は上がる時のスピードが早いものです。また、そこから固定金利を申し込んでも利率が適用されるのは、その翌月からということもあるため注意が必要です。

繰り上げ返済を活用するには?

住宅ローンは、返済期間を長く設定するほど月々の返済額は減りますが、金利が嵩んで総支払額は大きくなります。そのため、なるべく短い期間で組んだ方が総支払額が少なくて済みます。しかし、返済額が毎日の生活を圧迫するようでは冠婚葬祭や事故、病気などの急な出費がある時に困ってしまいます。そのような事態を防ぐためにも月々の返済額を少なくして貯蓄を増やすことも大切です。 そして、活用したいのが繰り上げ返済です。ある程度貯蓄ができたところで繰り上げ返済を行うと、元金が充当され返済期間が短縮されるか、月々の返済額がさらに減額されます。 ただし、繰り上げ返済を行う時に、返済する最低金額が設定されていたり手数料が発生したりする銀行もあります。何回も繰り上げ返済を行うと手数料もバカになりません。繰り上げ返済を行う可能性がある時には、この点も住宅ローンを選ぶときに注目したいポイントです。