住宅ローンがあるけどお金溜まった!繰り上げ返済とは?

繰り上げ返済を選ぶメリット

住宅ローンの返済中に貯金ができたのであれば、繰り上げ返済を考えておくことがおすすめです。繰り上げ返済を選ぶメリットは、返済額によっては借入期間が短くなり、最終的に支払う利息が少なくなることです。 繰り上げ返済には、返済期間を短くする期間短縮型と、月々の返済額を少なくする返済額軽減型があります。どちらの場合も、元金が減るため利息は減ることになりますが、完済までの期間が短くなる期間短縮型を選ぶ方が、利息軽減効果が大きくなります。ただ、期間短縮形の場合、月々の返済額は変わらないため、返済額軽減型のようにすぐにメリットを実感することはできません。そのため、繰り上げ返済を行う時は、それぞれの特徴を考え、最適な方法を選ぶことが大切です。

繰り上げ返済の落とし穴

繰り上げ返済を活用すれば、住宅ローンの利息を大幅に減らしていくことが可能です。ただ、貯金全額を返済に使うことはおすすめできません。少しでも多く繰り上げ返済をした方が、利息がお得になると考える人は少なくありませんが、貯金を全部使ってしまうと、急にお金が必要になった時や、収入が途絶えた時に対応することができなくなります。それによって、住宅ローンの返済が滞り、住宅を手放すことになってしまったのであれば本末転倒です。そのため、当面の生活費を手元に残せる状態でない限りは、繰り上げ返済を選ぶことはおすすめできません。繰り上げ返済はお得な方法ですが、住宅ローンを組んだら、無理なく完済ができる状態を作っておくことも大切です。