ローンで家を立てたい!購入と税金の仕組み

住宅ローンを利用するのは家を建てるときの基本

マイホームを建てるための資金獲得の方法として重要なのが住宅ローンの活用です。家を建てるときには土地を購入して建築してもらうという流れで進めていくことになりますが、住宅ローンは土地と住宅の両方に対して利用することができます。必要に応じて土地を先に購入しておいて、後から住宅を建てるということもできるものの、その場合には土地の購入時点でローンを開始しなければならないのが原則です。良い土地が見つかったからまずは購入しておいて、それから建築計画を立てて住宅を施工してもらうという場合には金融機関との相談が不可欠になります。かかる費用を概算して借り入れさせてもらうか、住宅の見積もりができた時点で借り直しをするかになるのが一般的です。

住宅ローンに関わる税金に注意

住宅を建てるときには税金に対して十分に注意を払わなければなりません。住宅ローンを利用すると税金がやや余計にかかってしまうことになります。住宅ローンを組むにはローンの抵当権を設定するための登記費用とローンの契約書を締結するための印紙税がかかるからです。特に気をつける必要があるのが借り直しをする場合です。土地を購入した時点でまずは土地を抵当に入れてローンの契約をします。その後、住宅の発注をするときに抵当権の設定し直しをしてさらに契約書をかわす必要が生じます。税金を節約したいと考えたらできる限り土地の購入と住宅の発注を同時に行えるように手はずを整えてもらうのが大切です。不動産会社との交渉次第で解決できることもある問題なので覚えておきましょう。